疾患・用語など

医療用語の略語

お疲れ様です。

あいかわらず、バタバタ状態のケアでございます…

今日、ようやくALSの方のプランが確定しました…

ヘルパー事業所からは「早く提供票を下さい」と言われるし…シフトを組まないと行けないから当然なのですが、基本は変わらないのでシフトはそのまま組んでいただければ…などと思っているのですが…

さて、今日は医療用語の略語について少し…

先日、ある事業所から訪問看護さんのノートに書かれている言葉で「W/C」ってなんですか?と質問が…

「W/C」=これは、トイレか?間違えではありませんが、医療関係者が使った場合は「Wheel Chair」の略で車椅子のことです。

で、少しだけよく使われている言葉を…

「HT」=「HyperTension」高血圧症

「Bp」=「Blood pressure」血圧

「Bs」=「Blood Sugar」血糖

「DM」=「Diabetes Mellitus」糖尿病

「IVH」=「IntraVascular Hyperalimentation」中心静脈栄養

「RA」=「Rheumatoid Arthritis」慢性関節リウマチ

「DIV」=「Drip Infusion」点滴

まだまだありますが、今日はこれぐらいで…

今度、もう少しわかりやすくまとめてみたいと思います。

ご参考までに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザの流行

インフルエンザがじわりじわりと流行してきていますね…

今年は予防接種を受けていても、かかってしまうようです。

もちろん、症状が軽くすむのかもしれませんが、なんともわかりにくい感じですが…

スタッフの一人の小学校2年生の娘さんがインフルエンザにかかり、その次にそのスタッフが感染…次にご主人が感染…

院内感染ならぬ家庭内感染状態

もちろん、ご主人をのぞいてきちんとインフルエンザの予防接種を受けております。

それでも感染をしてしまいました。

ちなみに、子供には基本的にはタミフルは処方しないそうです。

しかし、スタッフである母親曰く、「タミフルを飲まなくてももうろうとして、変なことを言っていた。」とのこと。

となると、厚生労働省が言うとおりタミフルと幻覚の因果関係はあまりないのかもしれない。インフルエンザの感染による熱が脳に何らかの影響があるのかもしれませんね。

特に年齢が低いほど、影響が多きのかもしれません。

みなさん、お子様がインフルエンザの時はお気を付けください…

インフルエンザの予防は温度と湿度も大切だそうです。温度は20度以上、湿度は50%以上が良く、、もちろんうがいやマスクは有効です。

予防接種をしたからと安心せず、自己防衛をしましょう!!

また、ケアマネの皆さんは自分が感染源にならないように気をつけましょう!!

ではでは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高次脳機能障害

みなさんは「高次脳機能障害」って知っていますか?

テレビドラマなどで放映されたりして少し耳にするようになりました。

この障がいは交通事故外傷や脳梗塞、脳出血などで脳にダメージを受け記憶力や思考能力が落ちたり、感情がうまく働かない為、周囲との関係が保てないなど、社会生活に困難が起こる障がいです。身体障害がない限り外見上は健常者と変わらないため、周囲にわかって貰えず苦しんでいる方がたくさんいます。

昨年度くらいからようやく、高次脳機能障害に対する診断基準や支援に対する方策が国より提示されました。

しかし、まだ始まったばかりで、まだまだ支援体制は不安定で生活に困っている人がたくさん居ます

現在、障害者手帳も介護保険を受けることも難しいです。特に65歳未満の方は原因が事故だったりすると、まず、介護保険は受けられません。

身体的に問題がなければ、障害者手帳ももらえません。

65歳以上であれば介護保険は利用できるのですが、身体的に問題がないと、支援など介護度が低く評価されサービスの利用が難しいのが現状です。

高齢の方はまだ、少しなんとか支援を受ける方法があるのですが、事故などで高次脳機能障害になった若年者は本当にかわいそうです。

今までできていたことができなくなり、仕事をしても手順が分からなくなり辞めざるを得なくなったり、学業がついて行けなくなり学校を辞めざるを得ない状況になる。

そうなると、その後をどうしたら良いかが分からない状態になる。

高次脳機能障害としっかりと診断されればまだ、救われるのですが、この診断もまだまだで、記憶障害が残るかもなどと言われるだけのケースもあり、家族から「しっかりしないとダメだ」とか「やる気がないから」などと言われ、障害と認めてもらえず、本当に苦しむ。

現在、金沢には家族会があります。

まだまだ、支援体制は少ないのですが、同じ障害を持った人が集まり、障害を分かってもらえるだけでも救われると思います。

みなさんも高次脳機能障害を知ってください…

おねがいします。

金沢の高次脳機能障害と家族の会は「つばさ」といいます。

興味のある方はコメントをください。

| | コメント (0)